飯田市新型コロナウィルス感染症緊急対策事業
事業費総額
140億2,006万円

つなぐ、つながる。

「自分にできることを、ふるさとのためにやる」
立候補を決めた日から4期15年を経た今日まで、
その決意に変わりはありません。

終わりの見えないコロナ禍の中、
市民の皆さんの安心・安全と地域経済活動を支えるために
飯田市として第5弾までのコロナ対策を打ち出しました。
ひきつづき、一人ひとりに行き届く支援を実行します。

そしてリニア中央新幹線は、
いよいよ大詰めの交渉、正念場をむかえます。
1000年に1度と言っても過言ではないプロジェクトだからこそ
着工・開通までの筋道を整えることは、
次の世代への責任であり約束です。
コロナ対策もリニアも、今リセットするわけにはいきません。

リニア・三遠南信道時代の次の飯田へ。
継続、そして挑戦で つなぐ、つながる。

牧野みつおは、確かなバトンを手渡したいのです。

牧野光朗(まきのみつお)写真