ニュース

牧野みつおは飯田市長として新型コロナウィルス感染症拡大から「市民のいのちと暮らし」を守るために全力を尽くしています 後援会も牧野みつおと心を一つにして取り組みます

ニュース2020-10-08T15:17:14+09:00

飯田市教委感染予防し学習面にも一歩
24日まで休校延長

2020年05月01日|

新型コロナウイルスの感染症対策で、飯田市教育委員会は4月30日、5月8日までとしていた市内全小中学校(19小学校、9中学校)の臨時休校を24日まで延長すると発表した。週に1回1時間程度としてきた臨時的登校は、週3回以内に変更する。「自宅で子どもを見るのも限界」と指摘。命を守る臨時休校を継続する一方、子どもたちのつながり、学習面にも新たな一歩を出す考えを示した。

飲食店応援CF目標額を早くも突破
支援の輪広がり感謝の言葉

2020年04月30日|

飯田市中心街市街地の飲食店主らが中心となって創設したクラウドファインディング(CF)「南信州・みんなの街、飲食店を応援!」で、目標額567万円2520円突破したことが分かった。24日に受け付けを開始し、27日午後7時過ぎに目標額に到達、予想を上回るペースで支援金が寄せられ、事務局は感謝の言葉を口にした。

飯田市新型コロナ事業者支援へ家賃補助
緊急対策で第1弾108億円

2020年04月29日|

飯田市の牧野光朗市長は28日会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急対策で、事業継続支援として家賃を補助する施策などをもった補正予算を発表した。国が全国民に1律10万円を配る「特別定額給付金」101億2800万円を含め、対策事業費は108億5700万円。「事業者の支援」「個人への支援」「検査体制・医療充実」を含めた4つを柱に据えた。

新型コロナいち早く感染確認を
飯田に5月外来・検査センター開設へ

2020年04月28日|

新型コロナウィルスの検査体制を拡充するため、飯田市は「地域外来・検査センター」(仮称)を5月半ばまでに市内に開設する。いち早く検査することで住民の不安を払しょくしようと、車にのったまま検体採取が受けられるドライブスルー方式とする予定で、その日のうちに結果がわかる検査法を採用する。

JAと飯田市 南信州牛、花き連携し地元消費を喚起
農家応援プロジェクトが発足

2020年04月28日|

新型コロナウィルスの感染拡大で需要が減っているとして、南信州型ブランド和牛「南信州牛」と花きの農家を応援するプロジェクトが立ち上がり、JAみなみ信州の寺沢寿男組合長と飯田市の牧野光朗市長らが27日会見した。

商工会議所と飯田市持続的発展へ7つの柱
「経営発達支援計画」策定し認定

2020年04月26日|

飯田商工会議所は飯田市との共同で策定した「第2期経営発達支援計画」が経済産業相から認定を受けたと発表した。小規模事業者への伴奏型支援を骨格とし、従来の経営改善に加え、ビジネスモデルの再構築を経営発達と捉えて取り組む方針だ。

クラウドファンディング開始
「飲食店を応援」150万円超支援の輪広がる
飯田ケーブルテレビが寄付も

2020年04月25日|

飯田市中心市街地の飲食店主らでつくる実行委員会はクラウドファンディング(CF)「南信州・みんなの街、飲食店を応援!」を創設し、24日に専用サイトを開設した。目標金額の567万2520円に対し、支援額は受け付け開始から12時間ほどで150万円を超えた。趣旨に賛同した飯田ケーブルテレビが八十二銀行の私募債を活用して寄付するなど、取り組みの輪が広がりつつある。

「県外へ出かけないで」
県内市町村連休前に一斉広報活動

2020年04月25日|

新型コロナウィルスの感染拡大が懸念される大型連休を前に、県内市町村は24日、一斉の広報活動を行った。「県外ヘは、決して出掛けないように」と呼び掛けている。県市長会と県町村会の要請により、県内然7市町村が一斉に開始。

南信州・みんなの街、飲食店を応援!
クラウドファンディング開始のご紹介

2020年04月24日|

南信州・みんなの街、飲食店を応援! クラウドファンディングが開始されました。

エス・バード飯田産業センター
コロナ飛沫感染防止にフェースシールドを発表

2020年04月24日|

エス・バード(飯田市座光寺)に構える南信州・飯田産業センターは顔を覆って新型コロナウィルスの飛沫感染などを防ぐフェースシールド「顔面シールドSE」を発表した。「ネスク(NESUC)-イイダ」にネットワークを活用し。感染症対策関連ではアクリル板に続き第2弾。

飯田市
早出、通常、遅出、抑止狙い勤務形態を変更

2020年04月23日|

庁舎内での感染リスク軽減と感染による部署の業務停止を防ぐ狙いで、飯田市は職場の分散や勤務時間の変更を取り入れる。22日の臨時記者会見で明らかにした。

飯田市窓口にアクリル板設置
「ネスク-イイダ」協力し製造

2020年04月19日|

エス・バード(飯田市座光寺)に構える南信州・飯田産業センターは顔を覆って新型コロナウィルスの飛沫感染などを防ぐフェースシールド「顔面シールドSE」を発表した。「ネスク(NESUC)-イイダ」にネットワークを活用し。感染症対策関連ではアクリル板に続き第2弾。

南信州広域連合
エス・バード利用者数6万人越え

2020年04月19日|

エス・バード(飯田市座光寺)に構える南信州・飯田産業センターは顔を覆って新型コロナウィルスの飛沫感染などを防ぐフェースシールド「顔面シールドSE」を発表した。「ネスク(NESUC)-イイダ」にネットワークを活用し。感染症対策関連ではアクリル板に続き第2弾。

「南信州・みんなの街、飲食店を応援!」
クラウドファンディング飲食店募集のご紹介

2020年04月18日|

飯田下伊那の飲食店を飯田市が応援する取り組みを紹介させていただきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた牧野市長メッセージ

2020年04月14日|

飯田市HP公開動画(飯田市公式Youtubeチャンネル)でも新型コロナウィルス感染拡大防止のお願いを発信しています。ご紹介させていただきます。

「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急提言」について
菅・内閣官房長官等に要請

2020年04月08日|

全国市長会は4月8日、政府に要請を行いました。

Go to Top