ニュース

牧野みつおは飯田市長として新型コロナウィルス感染症拡大から「市民のいのちと暮らし」を守るために全力を尽くしています 後援会も牧野みつおと心を一つにして取り組みます

ニュース2020-10-08T15:17:14+09:00

選挙事務所打ち上げ式 牧野みつお挨拶

2020年10月17日|

牧野みつお挨拶 選挙事務所打ち上げ式 冷たい雨の中、牧野みつお候補は無事に帰ってきてくれました。 多くの方に支えられて、無事に戻ってくることができました。 皆様、本当にありがとうございました。 市民の暮らしと命を託せる首長を選択するのは私たちです。 飯田市の皆さん、このコロナ禍の大変な経済状況下で このタイミングでだれを選ぶのか 自分の未来を託す選択を真剣になってお考え下さい。 ただひたすらに、愚直に、飯田市のために尽くします。 未曾有の危機から飯田市を守るために 皆様、本当に本当にご支援ください。

飯田市アイ・パーク牧野みつお候補出陣式

2020年10月12日|

飯田市長選挙牧野みつお候補の出陣式が飯田駅前アイ・パークで開かれました。台風一過、青く晴れ渡った空の元、大勢の皆さんにお集まりいただき本当にありがとうございました。牧野みつおは飯田市の未来を決める本当に大事な今回の市長選挙、全身全霊をかけて臨みます。飯田市民の皆様、どうかご支援ください。よろしくお願いします。

飯田市長選挙WEB公開討論会に参加しました

2020年10月06日|

2020飯田市長選挙WEB公開討論会(主催:JCI一般社団法人飯田青年会議所)が開催されて牧野みつお候補も参加させていただきました。 このような討論会を企画していただいたJCI一般社団法人飯田青年会議所様には感謝と敬意を申し上げます。 牧野候補、佐藤候補両氏ともに非常に紳士的な態度で、それぞれの主張を展開されていました。討論会の様子はYOUTBEで公開しておりますので是非ご覧ください。

飯田市市長選立候補予定者と若者による討論会

2020年09月28日|

投票率を100%にするために、飯田下伊那の高校生が立ちあがる! 飯田下伊那100計画(代表:木村優也さん)と南信州新聞共同開催による飯田市市長選立候補予定者と若者による討論会が開催され、YoutubeとInstagramでLive配信されました。 市内高校生6名からの熱心な質問に立候補予定者の2名が真摯に答えました。高校生の皆さんは事前に両候補者のマニフェストを読み込んでしっかり勉強してきてくださいました。このような企画を実行していただいた100計画の若者の皆さん、本当にありがとうございました。 牧野みつおは若者の皆さんからの意見を真摯に受け止めて、これからの市政経営に生かしていきたいと思います。若者が住みたくなるまちづくりをこれからも進めます。

総決起大会等の大規模集会中止のお知らせ

2020年09月21日|

牧野みつお後援会 会員の皆様へ 総決起大会等の大規模集会中止のお知らせ 当会では、コロナウィルス感染症対策として、当月から来月上旬の間に開催を計画している「総決起大会など全市を対象とする大規模な集会及び「市外の人を交えた大規模な集会」については、全て開催を中止することといたしました。直近にご入会戴いた、多数の会員の皆様について、まだ名簿が整っていないため連絡が行き届かない恐れがありますので、新聞紙面上及びSNS等にてご連絡申しあげます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 牧野みつお後援会 会長 水野こはる

応援メッセージ 名張市 亀井利克 まち・ひと・しごと創生対策委員長

2020年09月19日|

名張市長 亀井利克 様 三重県名張市より応援に駆けつけてくださいました。 亀井市長は全国市長会ひと・まち・しごと創生対策委員長として牧野市長とともに地方創生に取り組まれています。 亀井様ありがとうございました。

飯田ケーブルテレビ・飯田市長選立候補予定者討論会

2020年09月17日|

討論会が飯田ケーブルテレビで放送されます 「飯田市長選 立候補予定者討論会」 登壇者・牧野光朗飯田市長・佐藤健前副市長 司会・熊谷弘 ▽放送ch 地デジ11ch/catv713ch ▽放送日程 9月21日(月)~25日(金)13:00/20:15/24:15 26日(土)27日(日)10:00/16:00/21:00/24:15 ほか ポイント 10月11日告示・18日投開票の飯田市長選に立候補を表明している2名が討論会を行った。 8年間ともに市政を担って来た2人が、どのような政策を打ち出したのか? このコロナ禍で「本当に実効性のある具体的な政策」を打ち出して飯田市を導いていける「真のリーダー」はだれなのか。 飯田市民の皆さん、ご自分の目で確かめてください。

飯田市新型コロナウィルス感染症緊急対策事業【第5弾】を発表しました

2020年09月16日|

飯田市新型コロナウィルス感染症緊急対策事業【第5弾】を発表しました。 「飯田らしい新たな日常へ」第5弾費用総額5億9,701万円 地元企業のプロフェッショナル人材確保への支援 公共交通事業者(高速バス)への感染症予防対策の支援 児童福祉施設等の職員への慰労金給付事業を補助 小学校における特別教室への空調設備の整備

飯田市産業振興審 「活プロ21」策定へ諮問 新形コロナの影響踏まえ検討

2020年08月21日|

経済自立の向上を目指して連携し、施策展開をするための指針となる飯田市の「地域経済活性化プログラム(活プロ)」で、市は17日、2021年度版の計画策定に向けて市産業振興審議会に諮問した。審議会は分野別会議と全体会議を重ねて取り組みを絞り込み、産業振興の方向性を確認し、年内をめどに答申する予定。市側は提言を踏まえて1年間の実行計画をまとめる。

「飯田駅前プラザ」 22年春オープンへ整備 公共、商業エリア加わり「交流」軸に

2020年08月07日|

旧ピアゴ飯田駅前店(飯田市東和町)の後利用について、市と所有する吉川建設は6日、2022年春のオープンを目指して「飯田駅前プラザ」(仮称)の整備を進めると発表した。両社でまとめた「基本的な考え方」を示し、それによると1階をスーパーなどの商業エリア、2階と3階を公共エリアに区分。4階と5階に同社の本社機能を移す。着工は来年度中を予定。 中心市街地で、JR飯田線飯田駅前の玄関口といった立地を踏まえ、市はヒト、モノ、コトが集まる「創発の場」づくり―の拠点に位置付ける。

飯田市 劇場型機能を修訳「新文化会館」中心市街地に 3ホールの整備方針案発表

2020年08月07日|

ホールを備える飯田市内の3施設を巡り、市は6日、整備方針案を発表した。飯田文化会館(高羽町)、市公民館(吾妻町)、鼎文化センター(鼎公民館)のうち文化会館は建て替え、「新文化会館」に劇場型のホール機能を集約する。中心市街地に整備し、時期はリニア中央新幹線の開業後。市公民館は取り壊し、旧ピアゴ跡地を活用した「飯田駅前プラザ」(仮称)に機能を移転。鼎文化センターはホール機能を含む複合施設として再整備する。

飯田市会臨時会 補正計上し第2波対応 コロナ対策の第4弾を提出

2020年08月05日|

飯田市議会臨時会が4日開会し、市側は新形コロナウイルス感染症対策の「第4弾」となる事業費を盛った総額12億2900万円の本年度一般会計補正予算案を提出した。広範囲に被害をもたらした6~7月の豪雨による災害復旧費として、総額30億9000万円を計上した補正予算の専決処分を報告した。

飯田市コロナ
緊急対策の第3弾発表
「公助から共助へ」観点で7億円

2020年06月19日|

飯田市は18日、新型コロナウイルス感染症緊急対策事業の第3弾を発表した。飲食店。小売店、宿泊・観光施設などで使えるプレミアム商品券も関連費を含む7億1400万円規模で、市は第3弾を盛った本年度一般会計補正予算案を市議会6月定例会の最終日22日に追加提出する。

飯田市死亡事故ゼロ300日達成
南信州地域振興局
牧野市長に顕彰伝達

2020年06月17日|

飯田市が交通死亡事故ゼロ300日を達成し、県交通安全運動推進本部顕彰を受賞した。15日、県飯田合同庁舎で伝達式が開かれ、県南信州地域振興局の丹羽克寿局長が牧野光朗市長に賞状を手渡した。

飯田市「住み続けたい」85.6%に
市民意識の基礎調査を公表

2020年05月29日|

飯田市は、市民意識に関する基礎世論調査の集計結果を公表した。これからも飯田に住み続けたいかを問い、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」を合わせると85.6%で、前年度に比べるとやや増えた。

飯田市 車上検査の実演を公開
地域外来・検査センター開設

2020年05月28日|

飯新型コロナウィルス感染症の「飯田市地域外来・検査センター」での患者受け入れを前に、飯田市などは26日、施設の一部を報道関係者に公開し、患者役の市職員らが実演した。

「外来・検査センター」開設
体制拡充しデータの一元化

2020年05月26日|

新型コロナウイルス感染症の「飯田市地域外来・検査センター」が25日、旧南信州・飯田産業センター内の旧工業技術センター(同市・上郷別府)に開設した。かかりつけ医や有症状者相談窓口(飯田保健所)を通した「紹介・完全予約制」で、ドライブスルー方式で初期診断や検体採取を行う。検体の採取は26日から始まる。

飯田市事業者支援
全業種対象に給付金
緊急対策事業の第2弾発表

2020年05月20日|

飯田市の牧野光朗市長は19日、新型コロナウイルス感染症緊急対策事業の第2弾を発表した。事業者向けの持続化支援として全業種を対象に給付金を支給するとし、宿泊業者や旅行業者に向けた給付金も計上。第2弾の事業費5億4500万円を盛った本年度一般会計補正予算案は26日開会の市議会6月定例会に提出する。

飯田市
緊急対策で第2弾提案へ
牧野市長「新たな生活様式」移行を

2020年05月17日|

飯田市は16日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、特別措置法に基づく緊急事態宣言の解除を受けて今後の対応を決定した。この日の臨時記者会見では牧野光朗飯田市長が緊急対策事業の第2弾の概要を明らかにした。事業者と個人支援が主で、18日に予定する緊急経済対策本部会議での協議を踏まえて方針を打ち出す。

妊娠・子育ての悩みに対応
飯下助産師会
オンラインでアドバイス

2020年05月12日|

飯田市下伊那助産師会(松尾裕香地区長)は9日、妊娠や子育てに関するオンライン相談会を開いた。会員の助産師4人がオンライン会議アプリ「ZOOM(ズーム)」を使って一般の参加者と語り合い、育児についてアドバイスした。

産業センター
速乾性良く、繰り返し使用
感染症対策で立体マスク発表

2020年05月12日|

新型コロナウィルスに感染拡大で、マスクが不足する中、南信州・飯田産業センター(飯田市座光寺)は、水着記事製の立体マスク「アクア3D」を発表した。感染症防止対策関連ではフェイースシールド、アクリル板に続き第3弾。

地域外来・検査センター
飯田市に25日開設

2020年05月09日|

新型コロナウイルス感染症の初期診療や検査検体採取のため新設する「飯田市地域外来・検査センター」を巡って市は7日、旧工業技術センター(同市上郷別府)に25日開設すると明らかにした。

飯田国道三遠南信道に97億円
飯喬道路本線全線着手目指す

2020年05月09日|

国土交通省中部地方整備局飯田国道事務所の本年度事業費(当初)は121億6100万円で、内訳は改築事業117億8000万円、交通安全事業3億8100万円となっている。改築事業のうち、97億2000万円と8割以上占めるのが、国道474号三遠南信道で、飯喬道路34億4000万円、青崩峠道路に62億8000万円を盛った。

飯田市目標を新たに設定し対応
新形コロナコミュニティ活動再開へ

2020年05月09日|

飯田市は7日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、緊急事態延長宣言を踏まえて新たに目標設定した。今月末までとする市有施設の休館については地域コミュニティー活動の再開に向け、16日から一部で利用が可能になる。臨時記者会見で牧野光朗市長は、「コロナ対策を徹底するにも必要」と述べた。

Go to Top