2020年8月07日 南信州新聞(転載許可取得済み)

飯田市は、市民意識に関する基礎世論調査の集計結果を公表した。これからも飯田に住み続けたいかを問い、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」を合わせると85.6%で、前年度に比べるとやや増えた。

ホールを備える飯田市内の3施設を巡り、市は6日、整備方針案を発表した。飯田文化会館(高羽町)、市公民館(吾妻町)、鼎文化センター(鼎公民館)のうち文化会館は建て替え、「新文化会館」に劇場型のホール機能を集約する。中心市街地に整備し、時期はリニア中央新幹線の開業後。市公民館は取り壊し、旧ピアゴ跡地を活用した「飯田駅前プラザ」(仮称)に機能を移転。鼎文化センターはホール機能を含む複合施設として再整備する。